Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘so what?’ Category

グローバル企業が世界を牽引した00年代までは

極論するとMBAのセオリーさえ装備してしまえば

ある程度「簡単」に「ゲーム」を戦うことができました

けれども、911やリーマン・ショック、そして311を経て

我々の世界はどんどん変化してます

ビジネスの世界でも、新しい武器(ツール)を

自分で見つけ創り出すことが求められはじめています

それは、ゲームのルールそのものを自分で外し作り変えること

そんな新しい世界を楽しむためには、

「テツガク」が必要とされている!?

既存のルールやツールにとらわれることを拒否した

過去現在の「テツジン」の思考を一緒にLIVEに読み解くことで、

その創造力に触れ、秘訣を持ち帰ってみませんか?

参加資格は、テキストとなる本を事前に可能な限り読んでおくこと、それだけです

新しいかたちの「読書会」です

「ライブ」に行こう!

というようなノリでご参加ください (^O^)v

▼テキスト

第1回『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(マックス・ヴェーバー著 大塚久雄訳 岩波文庫白版)(第一章)

第2回『同上』(第二章)

第3回『歎異抄』(唯円著 梅原猛訳 講談社学術文庫)

第4回『スピノザの世界 -神あるいは自然-』(上野修著 講談社現代新書)

第5回『生物からみた世界』(ユクスキュル、クリサート著 日高敏隆、羽田節子訳 岩波文庫青版)

▼ナビゲーター

村中克成

ココロウタの人気講座「新しい視点で読み解く日本史」のナビゲーター。

謎多き”サラリーマン”

▼開催場所

ココロウタブックラウンジ

西麻布2-16-2-101

▼開催日時

第1回:6月19日(水)午後7時〜9時

▼参加費用

1回3000円

▼お申込み方法

以下のメールアドレスに必要事項を記入のうえ送信ください。

◎お名前(ふりがな)

◎連絡先の携帯電話番号

◎連絡先のメールアドレス

◎参加の動機(オプション)

写真

皆さんにお会いするのをたのしみにしています!

広告

Read Full Post »

bikeTOP

本は好きだけど、アウトドアなことは苦手〜運動神経ないし〜(^.^;

あるいは。。。

身体を動かすのは好き!だけど読書はね〜〜。面倒だし。でも、誰かがススメてくれたり、機会があれば読んでもいいな。。。いい本ならね(^.^;

と思っている貴方に朗報です!

身体と心の両方ともを刺激するブック・サイクリング企画に参加しませんか?

読書とサイクリング(自転車)を一度に楽しむ回です。そのひの都合によって少しはかわるかもしれませんが、たぶん ↓ なかんじで進めます♪

  1. 「天気の良い日に公園で読みたくなる本」を公園にもってきていただきます。
  2. “特別な”自転車をつかって、本をGETしていただきます。
  3. 自転車と身体を一体化して一汗かいたところでお茶します。
  4. 誰かの手に渡ったあなたの本を紹介していただきます。
  5. そしてみんなでブックサイクリング談義♪
  6. 偶然手に入った一冊をもってそのまま公園に残って読むも良し、あとは自由です〜

いかがですか?

ところで、使う自転車が特別なんです!

その名も、218KamelJbike2

手と足と指と頭を使って自転車で遊べるもの。

普段気づかない身体のなかの新しい感覚を見つけることができます

腰と背骨、肩甲骨の周りの内的筋をほどよく刺激し、健康にもよいです!

この自転車、3.11の災害後をきっかけに、

バリヤフリーバイクというコンセプトのもとに創られた新しジャンルの自転車です。

街でも、里山でも、そして震災時に対応できる機能も持っています。bike3

タイヤの太さが通常の約3倍。歩くように自転車を転がします。

ちょっとした自然の起伏は自転車が乗り越えてくれます。

女性の方を想定してつくっていて、体力のない方でも楽しんで乗れます。

試乗車があるので、公園までは歩いてきていただいて大丈夫!

もちろん、オフロード自転車をお持ちの方は、乗りやすい自分の自転車で参加いただいてもよいです。

▼開催日時:5月11日(土)午後1時集合(1時間半くらい)

▼開催場所:代々木公園原宿門集合

http://www.tomi-1.com/index.asp?patten_cd=9&page_no=150

▼参加費用:2000円(自転車エデュケーション、お茶代含まれます)

▼持ちいただくもの:天気の良い日に公園で読みたくなる本を一冊お持ち下さい。

※ブックサイクリングなので、お持ちいただいた本はどなたか他の方の手に移り、ご自分は別の本をお持ち帰りいただくことになります。どうしても持って帰りたい方はお申し出下さい(笑)新しい本でなくても良いですが、他の方が手にすることを考えてご準備ください。

▼服装:動きやすい服装でお願いいたします。靴はスニーカーなど、女性はスカートよりはズボンのほうがよいです。

▼人数:全体で6名くらいにしたと思っています。人数が集まり次第締め切りさせていただきます。お早めにお申込みください(^_^)v

▼お申込み方法:

info@kokoro-uta.com

まで以下をご記入のうえ、メールください。

※お問い合わせも同じメールアドレスにお願いします。

  • (代表者の)お名前
  • 参加人数
  • 参加の方の性別とご年齢
  • 連絡のつく携帯電話の番号
  • 連絡のつくメールアドレス

▼注意:前日、5月10日の午前9時の予測が降水確率50%以上なら中止といたします。

Read Full Post »

More than 10 years ago, I was advised by my boss,
“I know that you are the type of person who are considering what happened in the past and what is happening in the future even when you lie on the beach on a southern island. Then you miss the joy and power of being in the present… What you should do now is to mindful at this moment. ”

  No

  Opportunity

  Wasted

  NOW!

10年前だったか、当時の上司にいわれたことを、ふと思い出しました。

「きみはさ、南の島のビーチで寝転んでいても、過去のこととか、未来のこと、考えているでしょ。でもね、そうやって、今あるという、喜びとかパワーを見失っちゃうんだよ。きみがいまやるべきことは、「今」にフォーカスすることだよ」

wizard-of-oz-picture-book

ついつい、「虹の彼方」を夢見てしまう私・・・

Read Full Post »

朝7時から珈琲を飲みながら刺激的なテーマでアタマを覚ます「知のカフェイン&ブックス」。

第二回は会の名称も「<未>読書会」とあらたに、「読まなくてもいい」読書会を提案します。

「読まなくてもいい」は、「読まない」ではありません。読書会の後に「読みたくなる」ような内容を目指します。

もちろん読んでいる方は、内容以上の知識や関連書籍(5冊以上)についても学べる内容にします。

今回のテーマは「家族と経済」。

「東京家族」が映画になりましたが、家族の変遷を軸に、経済を読み解きます。

書籍は『商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道』(新雅史)。

商店街がコンビニやショッピングモールになる過程には、家族形態の変遷がありました。

家族の歴史を知ることは経済を知ること。家族と経済の新しい見方をもらえる一冊を読み解きます。

読み切る自信がなくても、朝起きることができれば参加できる「<未>読書会」。

ご参加、お待ちしています。

★★ナビゲーターと選書★★

第一回目同様、ナビゲーターは古屋壮太さん。

古屋荘太 (sotacafe) on Twitter

https://twitter.com/sotacafe

これまでに多くのベストセラーを生み出している本のインキュベーターです。

知のカフェイン&ブックスの選書基準は以下です!

⇒1冊で10冊分*の価値がある

⇒朝に読みたい

⇒短い(通勤)時間でも読める

⇒カフェインに刺激されるような、凝縮された濃い一冊

そんな「知のカフェイン本」を、
古屋さんが過去に読んできた1500冊以上の新書の中から厳選くださいます。
*1冊で10冊の根拠は内容、参照しているデータ元、取材や研究にかけた時間から独自に算出

★★開催詳細★★

日時:2013年3月4日(月) 7時〜8時
場所:ココロウタブックラウンジ (港区西麻布2-16-2-101)

参加費:3000円(豆から曳く美味しい珈琲付き)

*お申し込み頂いた方へpaypalから決済のご案内をお送り致します。
申込方法:以下のメールアドレスに必要な情報を記入してお送り下さい。
kokorouta.info@gmail.com

【お名前】*必須
【メールアドレス(PC)】*必須
【メールアドレス(当日も連絡のつくもの)】*必須
【携帯電話番号(当日も連絡のつくもの)】*必須

画像

Read Full Post »

★★★ご報告と次回のご案内★★

大好評のうちに終了いたしました。講演が終わっても、終電になるまで残っての対話が続きました。

次回は3月の予定です。告知はこのブログおよびFBで行います。

以下「ココロウタブックラウンジ」のFaceBookページに「いいね」をしていただけるとイベントのご案内をお送りできます。

https://www.facebook.com/KOKOROUTAsince2009

次回またより多くの方に、でも、こじんまりとお集まりいただき、深く愉しい対話ができればと思います。

★★★

 

ココロウタの学びには、「読書会」「BOOK NITE ]「三味線」「韓国語」などなどいろいろありますが、

どれも、生きる力が湧いてくる学びの場であること、を目指しています。

今回は、直球勝負(笑)

生きる力が湧いてくる、生きるための哲学・技法、について語り合う会を開催いたします。

タイトルは

「他力」の発想に立った、 頑張らない生き方

講師の先生に、東京大学東洋文化研究所特任研究員の山本伸裕氏をお迎えいたします。

添付の写真のようなご著書があります。

なんか難しそ〜

とおもわれる読者の方のお顔がみえるようですが(笑)ダイジョウブですっ!

山本さんとは幾度かお話させていただいていますが、

たどたどしい私の話しにも、じっくり耳を傾けてくださいますし、

また、話してくださるときも、宗教の知識や、論理思考に欠ける脳みその程度にあわせて、

ゆっくり、わかりやすくお話くださいます(*^_^*)

先日、東京大学本郷キャンパスで行われた研究会にも参加したのですが、

“頑な”な私なのに・・・「眼から鱗がおちる」とはこのことか?と清々しい気持ちになりました。

凄いです!

そこで、ぜひ多くの、そして、さまざまなバックグラウンドの方にご参加いただきたいと思っています。

みなさまにも「目から鱗」体験となるかもしれません\(^o^)/

以下日時など詳細です。

日時:2013年1月25日(金)夜7時半〜

場所:ココロウタブックラウンジ 港区西麻布2-16-2-101

会費:3000円 (ワインまたはソフトドリンクと軽食つき)

申込方法:info@kokoro-uta.com  宛に、以下をご記入いただき、メールください。

【お名前】

【連絡先番号】(当日連絡のつく番号をお願いします)

【メールアドレス】(当日連絡のつくアドレスをお願いします)

【参加の動機】こちらは任意でお願いします。

写真-4

Read Full Post »

ココロウタで毎週(!)韓国語の学び会を開催することにしました。
IMG_1262

とはいうものの、なにせ主催者の私は、日本の”学校式”語学の授業がちょー苦手。

なので、ココロウタ式でやらせていただきます。

といっても特別なことでなく、以下の2つの鉄則をまもるだけです。

鉄則その1:韓国語で何をしたいのか? 何か目的があること

鉄則その2:楽しくやること

そ・こ・で〜

まずは、ココロウタ式韓国語講座の目的というかゴールですが、

世界的にみてもクオリティの高い「韓国映画、ドラマ」を字幕なしで見られるようになることを目標にします。

そして、「楽しく」やるために・・・

場所は、本に囲まれたクリエイティブ空間、ココロウタのブックラウンジで行います。

そして、何より重要な先生ですが、ココロウタでは、あえて語学専門の方でなく、韓国の名門、延世大学で社会学を学んだ、優秀でハンサムな(笑)先生をお迎えします! 

以下、場所、日時などの情報です。

場所:ココロウタブックランジ 港区西麻布2-16-2-101

日時:第一回は12月21日(金)午後7時半開始

*2回目以後は参加者の方の都合にあわせながら決めていきたいと思っています。

参加費用:1回2000円

参加者の条件:進捗をあわせたいので、できるだけ毎週参加いただける方、お願いいたします。

お申込み方法:以下のメールアドレスに、必要事項を記入してお送りください。

info@kokoro-uta.com

お名前、連絡のとれる電話番号、参加の動機を書いてお送りください。

最大8名ですので、お早めにお申込みください!

Read Full Post »

夏からずっと温めている企画、ついに始動します。

新島に通いつめるNieve(*)さんと、最近すっかり粟島づいているKOKOROUTA(**)の共同企画です。

プロジェクト名は

TIDEPOOL et KOKOROUTA

です!

Nieveさんとの出会いはKOKOROUTAでのBOOK NITE。

すっかり「島」ネタで盛り上がり・・・

あたかも住民のように語りだし(もちろん、実際の島生まれ、島育ちの方々とは違う視点なんですけれど)

それがなんだかとってもワクワクして楽しい・・・

「島ぐらしって、都会で生活していると、地理的になのか心理的なのか、その両方の意味で『遠い世界』の気もするけれど、、、、でも気がついたら、とても近にある・・・」

もっというと

近い日本の未来のDREAMがかかっているような気もしている・・・

とでもいいましょうか・・・。

そんな、体験談や妄想を交えた「語り」の輪を広げたい、というのが今回の企画の趣旨です。

なので、何をやるか、は来てくださる方次第で、どんどん変わってイイと思っているのです。

というか、そもそも、このプロジェクトの名前の中心となっている、”TIDEPOOL”のご説明をするとご理解いただけるかと・・・

TIDEPOOLは、Nieveさんの新島での家やイベント名です。今回、KOKOROUTAも共同企画いうことで、TIDEPOOL et KOKOROUTAとさせていただきました。

で、TIDEPOOLの趣旨は・・・

…………..★………..★★…………   .   . …..

“TIDEPOOL(タイドプール)”=潮溜まり

満ちては干き、生まれる潮溜まり。
波にゆられ、さまざまな生物が流れ着き、独自の生態系を育む。

“TIDEPOOL(タイドプール)”は、そんな潮溜まりに姿を重ね、
ゆらり新しい繋がりから、新たな文化や営みを育むための
コミュニケーション・プラットフォーム。
ある時は島で、ある時は都市の片隅で。
さまざまな人が出会い、いくつもの想いが交わり、
そこにしかない生物多様性を生みだします。

……………….*★…..   . ..

ね、素的でしょ?

TIDEPOOL et KOKOROUTAプロジェクトでは、集まったみなさんと、シマ巡りBOOK NITE(必ずしも本当の島でなくても、陸の孤島でもよくて、”ローカルなコミュニティ”といったところです)を実現していきたいな〜☆

最後になりましたが、日時は2012年11月20日、ねじまき鳥がとんできそうな火曜日の夜8時。

会費はお一人様2000円です。ワイン飲み放題、パンと天然塩とオリーブオイル、ご用意いたします。

<会場>

ココロウタブックラウンジ

港区西麻布2-16-2 ルックアウト西麻布101号室

<申込方法>

以下のサイトから、お申込みください。なお、準備の都合上、当日のキャンセルはご遠慮くださいますようお願いいたします。

http://my.formman.com/form/pc/F1MSSoIojNKRyilP/

………………………☆☆:::**……..  .

*Nieveとは

伊豆七島 新島に拠点と畑をもち、週末になると船に揺られて島に流れるプロジェクトチーム。自給自足、物々交換が残る新島の自然と近い暮らしに未来を見て、島に通い続けて3年。いつのまにか島の農業の応援団にもなっていました。
『都会で働き、島でも暮らす』
人と自然、文明と文化との豊かな関係性を模索して、愉快な仲間とともに楽しみ学び続ける。そんなライフスタイルのモデルを目指しています。
www.nieve.jp

**KOKOROUTAとは

(心偈=俳)句より短い詩のこと

『本(物語)と暮らしで知恵を育む』学び場づくりをする。「シゴト(暮らし)」と「マナビ」をつなぐことで、自分(みんな)が、日々、新しく、成長し、そのことでワクワク過ごせる世界にいたい

限られた時間や場所で、交わされる、とても短い言葉(出会い)の中に、たくさんの意味や繋がりを掬いとるような、日本らしい感性も大事にしたい

http://www.kokoro-uta.com

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。