Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘本(紹介・レビュー)’ Category

写真

次回で3回目となる「たりきないきかた⇔ほんとうのじりつ」講座。

回を重ねるごとに、愉しく、深く、なっていっています。

さて、次回のご案内です。

☆☆☆

「他力本願」という言葉はネガティブな意味で使われることが多く、

「自立・自律」は生きていく上で必須な重要な言葉と捉えられていますが、

では、本当の意味で「じりつ」している人とはどんな状態にある人でしょう?

本講座は、「他力な生き方」を、日々の暮らしの中にある「言葉」から紐解きます。

講座の進め方は以下のような感じです。

題材として、やまと言葉、日本語の文法、実は身近な仏教用語、

あるいは日本のポップスや文学のなかの表現を用います。

言葉の成り立ちの背景やそこに込められた想いなどについて

講師の山本伸裕さん(プロフィールは下記ご参照ください)にお話いただきます。

☆☆☆

「たりきないきかた」第3回目の切り口は「ごめんなさい」

とくに日本人のわたしたちは色々な場面ですぐ「あやまる」といわれますが、

そこにはどんな意味があるのでしょう?

自分が無意識に口にしている「あやまり」の言葉・・自分の深層心理に近づけるかな?

▼こんなかたにおすすめの講座です

  • 自立・自律したい、就活中の学生の方、自分探し中の方
  • 経済的には自立しているけれど、何かが足りないと思う方
  • ズバリ!311以後の新しい働き方、組織のあり方を考えている管理職、キャリアな方
  • 自分でも気づかない自分の中にある「日本人魂」を知りたい方
  • 実はとってもピッタリなのが子育て中の方!

▼年齢・性別・国籍・学歴・仕事などなどまったく不問です。

▼技術を身につける講座でなく、自発的に自分の思考の枠を越えていくための講座です。

▼第3回目の講座参加の方の感想

昨夜は充実した学びの時間を、有難う御座いました。

山本先生のお人柄も素敵で

様々な言葉が腑に落ちて、とても満たされた感がありました。

日本語が母国語でよかった~!

個人的には諦める→明らめるになったことで

価値観がひっくり返ったのが一番の収穫だったかな…

継続して参加したいと思います。

▼次回開催詳細と申し込について

【次回開催日時】2013年6月20日(木) 午後7時〜8時30分まで

【開催場所】ココロウタブックラウンジ 港区西麻布2-16-2 ルックアウト西麻布101

【参加人数】10名限定です

【参加費用】2000円(当日、お釣りのないように現金でお持ちください)

※より多くの方にいらしていただきたいので値下げしました!

※学生の方はお賽銭箱に志ぶん募金で結構です(*^_^*)

【お申込み方法】以下のフォームから必要事項を記入してお申込みください。

http://my.formman.com/form/pc/F1MSSoIojNKRyilP/

※尚、当日はIWJの取材が入る可能性がありますので予めご了承ください。

▼講師プロフィール

山本伸裕(やまもとのぶひろ)

1969年生まれ

東京大学東洋文化研究所特任研究員・東京医療保健大学非常勤講師など

東京大学文学部思想文化学科倫理学専修卒業・博士(文学)大谷大学

著書「精神主義は誰の思想か」(法蔵館)、「清沢満之集」(岩波文庫、校注)、「他力思想の系譜」(青灯社、近刊)、「手にとるように哲学がわかる本」(かんき出版、共著)など

Read Full Post »

グローバル企業が世界を牽引した00年代までは

極論するとMBAのセオリーさえ装備してしまえば

ある程度「簡単」に「ゲーム」を戦うことができました

けれども、911やリーマン・ショック、そして311を経て

我々の世界はどんどん変化してます

ビジネスの世界でも、新しい武器(ツール)を

自分で見つけ創り出すことが求められはじめています

それは、ゲームのルールそのものを自分で外し作り変えること

そんな新しい世界を楽しむためには、

「テツガク」が必要とされている!?

既存のルールやツールにとらわれることを拒否した

過去現在の「テツジン」の思考を一緒にLIVEに読み解くことで、

その創造力に触れ、秘訣を持ち帰ってみませんか?

参加資格は、テキストとなる本を事前に可能な限り読んでおくこと、それだけです

新しいかたちの「読書会」です

「ライブ」に行こう!

というようなノリでご参加ください (^O^)v

▼テキスト

第1回『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(マックス・ヴェーバー著 大塚久雄訳 岩波文庫白版)(第一章)

第2回『同上』(第二章)

第3回『歎異抄』(唯円著 梅原猛訳 講談社学術文庫)

第4回『スピノザの世界 -神あるいは自然-』(上野修著 講談社現代新書)

第5回『生物からみた世界』(ユクスキュル、クリサート著 日高敏隆、羽田節子訳 岩波文庫青版)

▼ナビゲーター

村中克成

ココロウタの人気講座「新しい視点で読み解く日本史」のナビゲーター。

謎多き”サラリーマン”

▼開催場所

ココロウタブックラウンジ

西麻布2-16-2-101

▼開催日時

第1回:6月19日(水)午後7時〜9時

▼参加費用

1回3000円

▼お申込み方法

以下のメールアドレスに必要事項を記入のうえ送信ください。

◎お名前(ふりがな)

◎連絡先の携帯電話番号

◎連絡先のメールアドレス

◎参加の動機(オプション)

写真

皆さんにお会いするのをたのしみにしています!

Read Full Post »

写真-6

皆さんは、この写真をみて、「馬が人に頼っている」とおもいますか?またはその逆?

「他力本願」という言葉はネガティブな意味で使われることが多く、

「自立・自律」は生きていく上で必須な重要な言葉と捉えられていますが、

では、本当の意味で「じりつ」している人とはどんな状態にある人でしょう?

本講座は、「他力な生き方」を、日々の暮らしの中にある「言葉」から紐解きます。

講座の進め方としては、

題材として、やまと言葉、日本語の文法、実は身近な仏教用語を用い、

言葉の成り立ちの背景、そこに込められた想いなどについて

講師の山本伸裕さん(プロフィールは下記ご参照ください)にお話いただきます。

▼こんなかたにおすすめの講座です

  • 自立・自律したい、就活中の学生の方、自分探し中の方
  • 経済的には自立しているけれど、何かが足りないと思う方
  • ズバリ!脱アメリカ型資本主義を考えているキャリアな方
  • 自分でも気づかない自分の中にある「日本人魂」を知りたい方
  • あなただけのためにある本をつくりたい方(内容はいらしてからのお楽しみ)

▼年齢・性別・国籍・学歴・仕事などなどまったく不問です。

▼技術を身につける講座でなく、自発的に自分の思考の枠を越えていくための講座です。

▼前回の講座の様子抜粋です(ご参考までに♪)

http://www.youtube.com/watch?v=0Ve283YWU3k

▼開催頻度について

定期的に毎月1回開催します。次回は以下にありますが、4月24日です。

連続でご参加いただくのが望ましいですが、1回だけの参加、ご都合のつくときだけの参加でも大丈夫な進め方になっています。

▼次回開催詳細と申し込について

【次回開催日時】2013年4月24日 午後7時半〜9時くらい

【参加人数】10名限定です

【参加費用】3000円(当日、お釣りのないように現金でお持ちください)

【お申込み方法】以下のフォームから必要事項を記入してお申込みください。

http://my.formman.com/form/pc/F1MSSoIojNKRyilP/

▼講師プロフィール

山本伸裕(やまもとのぶひろ)

1969年生まれ

東京大学東洋文化研究所特任研究員・東京医療保健大学非常勤講師など

東京大学文学部思想文化学科倫理学専修卒業・博士(文学)大谷大学

著書「精神主義は誰の思想か」(法蔵館)、「清沢満之集」(岩波文庫、校注)、「他力思想の系譜」(青灯社、近刊)、「手にとるように哲学がわかる本」(かんき出版、共著)など

Read Full Post »

2013年、ココロウタでは、これまでにもまして、本を中心とした活動をしっかりと展開していきます。

プロジェクト名は ”& BOOKS” つまり、「◯◯と本」プロジェクトです。

日々の生活=学び、にはいつも本がある!

ということで、最初のプロジェクトはこれ☆

知のカフェイン& BOOKS

coffee

第一回目は、1週間の始まりの月曜日の朝、
俗に”Blue Monday”ともいわれますが、
そんな気分を吹き飛ばして元気にいこう!!!
という願いを込めて、月曜日の朝に実施します(*^^)v

参加のみなさまにパワーをもってかえっていただくべく、
⇒1冊で10冊分*の価値がある
⇒朝に読みたい
⇒短い(通勤)時間でも読める
⇒カフェインに刺激されるような、凝縮された濃い一冊
そんな「知のカフェイン本」を、
ナビゲーターが過去に読んできた1500冊以上の新書の中から選びます。
*1冊で10冊の根拠は内容、参照しているデータ元、取材や研究にかけた時間から独自に算出

ナビゲーターは古屋荘太さん。(文末のリンクを参照ください。)
これまでに多くのベストセラーを生み出している
本のインキュベーターです。

第一回のテーマは「私と私たち」。
私、自分、自己、個人、「 i 」。
近代に発明された「私」は、何をつくり、変えてきたのか。
政治、思想、文化、社会を背景にした「私」像の変遷を追う、
濃密な新書を紹介します。
読書会の書籍タイトルは、ご参加お申し込み後にお伝えします。
書籍のセレクトから、どこをどのように読むか、という内容まで言及します。
普段の読書では得られない意外なタイトルと読み方=知のカフェイン本を、見つけましょう。
当日は、みなさんのお話を伺う時間もつくり、
参加型になるようすすめます。
ファシリテーションもプロフェッショナルなので、
どうぞご安心して参加ください。

日時:2013年1月28日(月) 7時〜8時
場所:ココロウタブックラウンジ (港区西麻布2-16-2-101)

日時:2013年1月28日(月) 7時〜8時
場所:ココロウタブックラウンジ (港区西麻布2-16-2-101)
参加費:3000円(豆から曳く美味しい珈琲付き)
*お申し込み頂いた方へpaypalから決済のご案内をお送り致します。
申込方法:以下のメールアドレスに必要な情報を記入してお送り下さい。
kokorouta.info@gmail.com

【お名前】*必須
【メールアドレス(PC)】*必須
【メールアドレス(当日も連絡のつくもの)】*必須
【携帯電話番号(当日も連絡のつくもの)】*必須
【参加の動機】

☆ナビゲーター☆
古屋荘太 (sotacafe) on Twitter
https://twitter.com/sotacafe

Read Full Post »

9月のBOOK NITE、テーマとスケジュールです!

今月も、思いっきり私の「旬」にはしっています(^^)

参加のルールはひとつだけ、テーマに沿った本を一冊もってきて、ご紹介ください。

【日時】

9月14日(金)世界に誇るアニメ BOOK NITE 午後8時から10時

9月21日(金)島に生きる BOOK NITE 午後8時から10時

【場所】

ココロウタブックラウンジ

東京都港区西麻布2-16-2-101 (麻布ルックアウト)

※表参道A4または5出口から、根津美術館に向かって歩いていただき、さらに根津美術館を右手にみて坂を下ります。道なりに左のほうに進みます。右手に白壁のマンションらしきものがあります。その1階左の部屋です。

【人數】

先着10名限定程度

【参加費】

2000円(ワイン飲み放題。パンとスーパー高級オリーブオイル、塩など、SLOWなおつまみつき。)

【申込】

どちらの日程も、以下のフォームから申込をお願いします。(今まで、代表者の方が複数名でお申込みいただけましたが、今回から、お一人様づつでお申込みをお願いいたします。)

http://my.formman.com/form/pc/ApofWLOehPDj1yyK/

【キャンセルについて】

準備の都合上、キャンセルはそれぞれお1週間前までとさせてください。キャンセルのご連絡は、以下の「お問い合わせ」のメールアドレスにお願いいたします。

【お問い合わせ】

info@kokoro-uta.com

Read Full Post »

あの子を探して [DVD]

素晴らしい。必見。
どうやらヴェネチア映画祭では、10分間のスタンディングオベーションだったそうで、もちろん、金獅子賞受賞。「秋菊の物語」に続き、奇跡の2度目の受賞。さすが、、、巨匠チャン・イ―モウ監督・・・

中国の田舎の風景や、ラストシーンの黒板に咲く文字の花も美しくて美しくて美しくて、心揺さぶられますが、、、
なにより、テーマや物語の展開の仕方、俳優の迫真の演技力がいい

まず、とりあげているテーマ。経済成長著しい中国。けれども田舎の学校では、チョークを買えないほど貧しく、子供たちの学ぶ環境はまだまだ整っていない、という問題について光をあてているのがよいです

それから、物語の展開の仕方。主人公は最初、代用教員として田舎の小学校にやってきて、最初はお金のためのやっていて、ヤル気ゼロ。それが、生徒が一人いなくなったことをきっかけに、彼を連れ戻すために(それも最初は完全に自分のため、お金のため)、愚直なまでに必死に必死に必死に、他の生徒を巻き込んで頑張って、頑張って、結局、いつのまにか、なんだかわからないけれども、生徒たちとの関係が、代え難く大事なものになっていって、最終的には、いなくなった生徒のために、自分を省みずにかける姿。涙が止まりませんでした。

見返りはおいておいて、ただただ、突き動かされて、誰かのために、必死な姿ほど心打つものはない、と改めておもいました。

また観たい。

こういう映画は、思うようにならない日々の仕事、人間関係に疲れきって、やる気が疲弊しているときに観ると、何か新しい気付きがあるような気がします。
たとえば、
自分の常識と他人の常識の違いに気付いているか?
自分が置かれた環境は本当に困難か?
自分はどんなリターンを得ようとしているのか、そして、それは本当に必要なのか?
などなど
振り返りのきっかけになりそう。

Read Full Post »

新しいココロウタブックラウンジ、いつも変わり続けるのだけれど、でも、基礎ができあがりました

今回は壁のペイントに力を入れました。こんな感じ・・・

本を開いたところをイメージしたペイントで、ところどころに、言葉が埋め込まれてます

例えば、これ

Where you will find me

ご存知、「オズの魔法使い」の主題歌「虹の彼方に」の中の一節です

訪れてくださる方々にとって、このラウンジが

虹の彼方の、あなたが私を見つけるところ

来て下さった方ご自身の中の本当の自分を見つけるところ

大切な誰かとの出会うところ

であってほしいな、という願いを込めて

そして、現在の本の並べ方はまだボンヤリですが

  • 911, 311以後の新しい世界で
  • 変わりつづけ、学びつづける
  • 日本の土のうえで

というところをテーマにしています

そして、ワークスペースのデスクはこんなかんじ

いろんなワークも、立食パーティーもできますね♪

これらぜーんぶ、スクエアミーターのお二人にお願いしました。凄腕なのに、すごく謙虚で、素敵な素敵な方々です。技術もセンスも抜群です!

おふたりのおかげ様で私はラウンジにずーーーっと居たい気持ちがすごく強くなりました

デザイン、場の力ってスゴイです

スクエアミーターさんのウェブサイトはコチラです。

http://www.square-meter.jp/

この夏は、ラウンジでいっぱい学んで遊びますよ〜

いろいろな企画をするので、みなさまもよかったらぜひ一度足をお運びくださいね!

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。