Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘リアル名言集’ Category

写真

次回で3回目となる「たりきないきかた⇔ほんとうのじりつ」講座。

回を重ねるごとに、愉しく、深く、なっていっています。

さて、次回のご案内です。

☆☆☆

「他力本願」という言葉はネガティブな意味で使われることが多く、

「自立・自律」は生きていく上で必須な重要な言葉と捉えられていますが、

では、本当の意味で「じりつ」している人とはどんな状態にある人でしょう?

本講座は、「他力な生き方」を、日々の暮らしの中にある「言葉」から紐解きます。

講座の進め方は以下のような感じです。

題材として、やまと言葉、日本語の文法、実は身近な仏教用語、

あるいは日本のポップスや文学のなかの表現を用います。

言葉の成り立ちの背景やそこに込められた想いなどについて

講師の山本伸裕さん(プロフィールは下記ご参照ください)にお話いただきます。

☆☆☆

「たりきないきかた」第3回目の切り口は「ごめんなさい」

とくに日本人のわたしたちは色々な場面ですぐ「あやまる」といわれますが、

そこにはどんな意味があるのでしょう?

自分が無意識に口にしている「あやまり」の言葉・・自分の深層心理に近づけるかな?

▼こんなかたにおすすめの講座です

  • 自立・自律したい、就活中の学生の方、自分探し中の方
  • 経済的には自立しているけれど、何かが足りないと思う方
  • ズバリ!311以後の新しい働き方、組織のあり方を考えている管理職、キャリアな方
  • 自分でも気づかない自分の中にある「日本人魂」を知りたい方
  • 実はとってもピッタリなのが子育て中の方!

▼年齢・性別・国籍・学歴・仕事などなどまったく不問です。

▼技術を身につける講座でなく、自発的に自分の思考の枠を越えていくための講座です。

▼第3回目の講座参加の方の感想

昨夜は充実した学びの時間を、有難う御座いました。

山本先生のお人柄も素敵で

様々な言葉が腑に落ちて、とても満たされた感がありました。

日本語が母国語でよかった~!

個人的には諦める→明らめるになったことで

価値観がひっくり返ったのが一番の収穫だったかな…

継続して参加したいと思います。

▼次回開催詳細と申し込について

【次回開催日時】2013年6月20日(木) 午後7時〜8時30分まで

【開催場所】ココロウタブックラウンジ 港区西麻布2-16-2 ルックアウト西麻布101

【参加人数】10名限定です

【参加費用】2000円(当日、お釣りのないように現金でお持ちください)

※より多くの方にいらしていただきたいので値下げしました!

※学生の方はお賽銭箱に志ぶん募金で結構です(*^_^*)

【お申込み方法】以下のフォームから必要事項を記入してお申込みください。

http://my.formman.com/form/pc/F1MSSoIojNKRyilP/

※尚、当日はIWJの取材が入る可能性がありますので予めご了承ください。

▼講師プロフィール

山本伸裕(やまもとのぶひろ)

1969年生まれ

東京大学東洋文化研究所特任研究員・東京医療保健大学非常勤講師など

東京大学文学部思想文化学科倫理学専修卒業・博士(文学)大谷大学

著書「精神主義は誰の思想か」(法蔵館)、「清沢満之集」(岩波文庫、校注)、「他力思想の系譜」(青灯社、近刊)、「手にとるように哲学がわかる本」(かんき出版、共著)など

広告

Read Full Post »

グローバル企業が世界を牽引した00年代までは

極論するとMBAのセオリーさえ装備してしまえば

ある程度「簡単」に「ゲーム」を戦うことができました

けれども、911やリーマン・ショック、そして311を経て

我々の世界はどんどん変化してます

ビジネスの世界でも、新しい武器(ツール)を

自分で見つけ創り出すことが求められはじめています

それは、ゲームのルールそのものを自分で外し作り変えること

そんな新しい世界を楽しむためには、

「テツガク」が必要とされている!?

既存のルールやツールにとらわれることを拒否した

過去現在の「テツジン」の思考を一緒にLIVEに読み解くことで、

その創造力に触れ、秘訣を持ち帰ってみませんか?

参加資格は、テキストとなる本を事前に可能な限り読んでおくこと、それだけです

新しいかたちの「読書会」です

「ライブ」に行こう!

というようなノリでご参加ください (^O^)v

▼テキスト

第1回『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(マックス・ヴェーバー著 大塚久雄訳 岩波文庫白版)(第一章)

第2回『同上』(第二章)

第3回『歎異抄』(唯円著 梅原猛訳 講談社学術文庫)

第4回『スピノザの世界 -神あるいは自然-』(上野修著 講談社現代新書)

第5回『生物からみた世界』(ユクスキュル、クリサート著 日高敏隆、羽田節子訳 岩波文庫青版)

▼ナビゲーター

村中克成

ココロウタの人気講座「新しい視点で読み解く日本史」のナビゲーター。

謎多き”サラリーマン”

▼開催場所

ココロウタブックラウンジ

西麻布2-16-2-101

▼開催日時

第1回:6月19日(水)午後7時〜9時

▼参加費用

1回3000円

▼お申込み方法

以下のメールアドレスに必要事項を記入のうえ送信ください。

◎お名前(ふりがな)

◎連絡先の携帯電話番号

◎連絡先のメールアドレス

◎参加の動機(オプション)

写真

皆さんにお会いするのをたのしみにしています!

Read Full Post »

写真-6

皆さんは、この写真をみて、「馬が人に頼っている」とおもいますか?またはその逆?

「他力本願」という言葉はネガティブな意味で使われることが多く、

「自立・自律」は生きていく上で必須な重要な言葉と捉えられていますが、

では、本当の意味で「じりつ」している人とはどんな状態にある人でしょう?

本講座は、「他力な生き方」を、日々の暮らしの中にある「言葉」から紐解きます。

講座の進め方としては、

題材として、やまと言葉、日本語の文法、実は身近な仏教用語を用い、

言葉の成り立ちの背景、そこに込められた想いなどについて

講師の山本伸裕さん(プロフィールは下記ご参照ください)にお話いただきます。

「たりきないきかた」第2回目の切り口は「しあわせ、について」

▼こんなかたにおすすめの講座です

  • 自立・自律したい、就活中の学生の方、自分探し中の方
  • 経済的には自立しているけれど、何かが足りないと思う方
  • ズバリ!脱アメリカ型資本主義を考えているキャリアな方
  • 自分でも気づかない自分の中にある「日本人魂」を知りたい方
  • 実はとってもピッタリなのが子育て中の方!

▼年齢・性別・国籍・学歴・仕事などなどまったく不問です。

▼技術を身につける講座でなく、自発的に自分の思考の枠を越えていくための講座です。

▼第1回目の講座の様子です。ご参考までに!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/76296

▼開催頻度について

定期的に毎月1回開催します。次回は以下にありますが、4月24日です。

連続でご参加いただくのが望ましいですが、1回だけの参加、ご都合のつくときだけの参加でも大丈夫な進め方になっています。

▼次回開催詳細と申し込について

【次回開催日時】2013年5月22日(水) 午後7時半〜9時まで

【参加人数】10名限定です

【参加費用】2000円(当日、お釣りのないように現金でお持ちください)

※より多くの方にいらしていただきたいので値下げしました!

※学生の方は志だけでオーケーです(^_^)v

【お申込み方法】以下のフォームから必要事項を記入してお申込みください。

http://my.formman.com/form/pc/F1MSSoIojNKRyilP/

※尚、当日はIWJの取材が入る可能性がありますので予めご了承ください。

▼講師プロフィール

山本伸裕(やまもとのぶひろ)

1969年生まれ

東京大学東洋文化研究所特任研究員・東京医療保健大学非常勤講師など

東京大学文学部思想文化学科倫理学専修卒業・博士(文学)大谷大学

著書「精神主義は誰の思想か」(法蔵館)、「清沢満之集」(岩波文庫、校注)、「他力思想の系譜」(青灯社、近刊)、「手にとるように哲学がわかる本」(かんき出版、共著)など

Read Full Post »

More than 10 years ago, I was advised by my boss,
“I know that you are the type of person who are considering what happened in the past and what is happening in the future even when you lie on the beach on a southern island. Then you miss the joy and power of being in the present… What you should do now is to mindful at this moment. ”

  No

  Opportunity

  Wasted

  NOW!

10年前だったか、当時の上司にいわれたことを、ふと思い出しました。

「きみはさ、南の島のビーチで寝転んでいても、過去のこととか、未来のこと、考えているでしょ。でもね、そうやって、今あるという、喜びとかパワーを見失っちゃうんだよ。きみがいまやるべきことは、「今」にフォーカスすることだよ」

wizard-of-oz-picture-book

ついつい、「虹の彼方」を夢見てしまう私・・・

Read Full Post »

あけましておめでとうございます

2011年は311があり、大地が揺れ、経済、社会、人の心も大きく揺れたた一年でした。

私自身の2011年もなんだか本当に揺れてばかり・・・

迷って、判断は人任せ、無責任、という一年だったな〜といまさら反省しています

といっても、なにせスーパーポジティブシンカー(沈む&考える)なので、「撃沈」な状況でも、「いや〜いろいろ学んだなあ〜世界が広がったな〜じゃ次っ!」と、立ち直りが異常に早いタイプですが・・・んが、「反省」したことを、ちゃんと活かさないとねっ!!!

ということで、2012年のテーマは、

月に照らされた細い道を歩くように、身を屈めて、謙虚に注意深く

ただ、だからといって、縮こまっても、スーパーポジティブなのは私の持ち味ですし、相変わらず、冒険心=挑戦も忘れずにいきます。ただし、全て「自己責任」

実は、去年は、何をしているときも、頭の片隅で「月ひとしずく」の歌詞の出だしだけをグルグルさせていたかんじ・・・

人にまかせて僕らはいこう、人にまかせた人生だから、何を言う、何も言うな、今夜の月もきれいだね〜

と・・・(^O^;)

でも、この歌、続きはこう

人の言葉でそのまま来たら、とても疲れて身体に悪い、当たり前、当たり前だ

この当たり前の負の遺産への覚悟もなく、ただ「お気楽極楽無責任」できたのが2011年

2012年は、大事な人たちの言葉はあいかわらずたくさんたくさん聴くけれど(というかいつでもこれは大事にしたい)、一旦受け止めて、精神的にも経済的にも自己責任になるようなことだけ、やっていこうと思います!

みなさまの2012年が、どうぞ龍の背中にのって飛躍の一年でありますように・・・心から祈念いたします♡

Read Full Post »

ちょっと、訳あって、「しあわせバニラ」を一緒にはじめた方と道をわけることにしました。
それに伴い、これまでのパートナー様に対して、私は一旦距離をおくことにしました。

ので、その旨を国内外の関係者の皆様にお伝えしましたところ、インドネシアの農園から、こんなメッセージが

素子さんは、この農園にきた人の中で特別な人でした。あなたが受粉を行ったバニラを覚えていますか?パイヤ(農園のマネジャーで写真の男性)が、これが今年で一番大きい!、今年のコンテスト第一位だね、といっていますよ

バニラの大きさって、受粉のときにきちんとめしべとおしべが重なっているか、という技術が響くのです(^^)v)だから、この言葉はアホなりに作業に没頭していた私へ最大限の褒め言葉なのです。。。

ウレシイ♡

 

 

 

 

Read Full Post »

日本の大企業に就職して2ヶ月の頃、集合研修の合宿所で相部屋になった同期と、下北沢のレストランに出かけたのですが、二人とも財布にお金がなくて、名刺を担保に帰ってくる、という事件がありました。日本の大企業の名刺は、二十歳そこそこの若造でも信用してもらえるという魔法の力を持っているのだな〜と驚きました。そういう時代の名残がまだある中で、外資系に転職したとはいえ、私の中では「起業する」などという考えは微塵もなく、「大手の外資系で良い給料を安定的にもらい続ける方法」を模索していました。

ここで、アマゾンのスタートアップスタッフになるか、就職して1週間そこそこのデルのマーケティングでこのままやっていくか?悩みに悩みまくった前回までの話の続きへとつながるのですが、アマゾンの方に「インキュベーションという業界に就職したと思っているから、今後のキャリアに不安はない。」と言い切られ、「なるほどね〜。起業も、私がマーケティングの専門家になって安定しよう、ということと同じなんだな〜」と感心して 帰ってきました。(前回の物語はコチラ⇒http://wp.me/pBj0U-12S

どうにもこうにも迷ったので、信頼のおける友人に相談することにしました。

「アマゾンのスタートアップとデルのマーケとどっちを選択したら良いと思う?デルのマーケティングを学ぶ、というのは今後、私がマーケテターとして生きていくのに必須だと思うの。けど、アマゾンのスタートアップはもうむしょうに面白そう、と思うのよ」

すると、友人は

「で、お給料はどう違うの?」

「え、あ、アマゾンのほうが1.5倍高いかなあ。」

「なーんだ。ならアマゾンだな」

ん〜、やっぱりどちらか決められないならお給料か。。。ということで、翌日、デルのマーケティング部長に辞めたい旨を伝えました。すると「ちょっと話そうか」といって、ミーティングルームに連れていかれました。

慰留されるのか、あるいは責められるのか?!ドキドキしながら席につくと、

「僕がなぜ今ここにいるか話そうか」

「え、は、はい。お願いします」

「僕はね、大学でも大学院でも量子力学を研究しててね、そのまま研究者になるつもりだったんだ。世界の成り立ちを解明したかったんだ」

と言いながら、ホワイトボードに小さな丸を書き「これが量子力学の世界。でね、今の科学では、残りの全部がわかっていないんだ。世の中のほとんどは未解明。量子力学の世界はとっても狭いって気づいたんだ。」と瞳をキラキラさせて語れました。「僕がやりたいマーケティングはね、こっちの(とホワイトボードの残りをさし)未解明の世界で、不確実な部分を少しでも確実にしていく、ということなんだ。君には、この大きなチャレンジを一緒にやってほしいと思うんだけどな

ここで、部長は、ベルカーブ(山型正規分布図)を2つホワイトボードに書かれました。一つはピークが高いもの、もう一つは低いもの。

「このベルカーブの頂点があるところが現在だとするでしょ。君の場合はね、この頂点が低いの。ビーチに寝転がっていても、過去と未来のことばっかり考えているでしょ。まあ、僕もそういうタイプなんだけどね。でもね、やっぱり“今”にフォーカスすることは大事なんだよね。仕事には、目の前にあってこなさなければならない ことから、過去から未来にかけて大局的に戦略を考えることまで必要で、今の君はまだ、目の前にあることをこなす技術を積み重ねる段階だと思うよ。君はここで僕から戦略を、XXさんからマーケティングの技術と、両方を学べるじゃない。こんな恵まれた機会めったにないと思わない?」

図星。未知の世界には飛び込みたいけれど、私が学ぶべきはやはりマーケティングの実務、セグメンテーション、ターゲティング、統計処理、ROI計算からスケジュール管理、原稿の赤字チェックまで、実務を支える技術だ、と思いました。そして、それは年を重ねてからではなく、今やらなかったらいつやるんだ?またマーケティングの実務ができずに、どうしていきなり戦略担当になれるだろう?と。

あなたが、もし私の立場だったら、どう判断されましたか?

ちなみに、この話にはオチがありまして、心打つプレゼンをしてくださった件の部長はその3ヶ月後におやめになりました〜(;゚∀゚)=3 一言「君のお給料、アマゾンにあわせて次回アップするようにしておいたから」と言い残して・・・私は口で言うほど給与のことなんて気にしてなかったのにビックリしました。でも、冷静になってみると、「ごめんね」とか「ありがとう」とか、言葉で言うだけでなく、実際に給与を極端にアップするには、適切な評価を皆にわかるように説明し承認してもらうという大変な手続きが必要で、その労を惜しまず、キッチリと行なってくださった行動は本当にありがたいことです。実際、さらにその後私が転職するときの給与水準を変えてくれ、大いに助かりました。一見、下品に思えるかもしれませんが、気持ちをきちんとお金に換算するということは仕事上とても大事ですね。とても感謝しておりますm(_ _)m

さて、3回に渡ってデルかアマゾンか?と悩んだ時期の皆様の名言を書きました。

今も、どちらの選択が自分にとって正解だったのか?なんてわかりません。

一つ、こうして振り返って思うに、デルとアマゾンの方々、皆様、個性的で才能あふれ、どの言葉も、私にとってはかけがえのない金言です。

ただ、私がデルに残った理由は、結局、部長が私自身が心の底に抱えている不安と懸念をしっかりと言い当てて話されたから、だと思います。

人は結局、「理解されたい」「つながり」を求める生き物なんですよね。自分のことを理解してくれ、自分の過去と未来をつなげて考えてくれる人と一緒に働きたいと思うのは自然なことです。

今、慰留したい部下を持っている貴方、部下様の心のヒダを掬ってお話されたら、その部下様はきっと貴方のところにお残りになるのではないでしょうか〜(^^♪

ではでは、リアル名言集、また来週か再来週からは、別のテーマで、アップしまーす(^^)v

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。